デリケートゾーン ムダ毛処理

なんだかチクチクする・・・?デリケートゾーンのセルフムダ毛処理は気をつけて

私は、デリケートゾーンを剃刀で処理して大失敗した経験があります。

 

夏場の生理前に、ムレを予防したくて初めて全剃りをしてみたのですが、快適だったのは剃った当日のみで翌日からは地獄でした。

 

もともと太い毛が生える部分のため、少しでも伸びてくるとチクチクと肌を刺激して非常に不快だったのです。

 

デリケートな部分のため、繰り返し剃ることもできずに、毛が生えそろうのを待つしか方法はありませんでした。

 

チクチクと伸び始めの毛が肌にあたると、痒みも強く感じて薬を使用する始末でした。

 

仕事や作業をしている日中には、痒みはさほど感じなかったのですが、辛かったのは寝るときです。

 

お風呂で温まって肌が敏感になるのか、他に集中して作業することがないせいか、就寝前には痒みが強くなり寝苦しく感じることもしばしばありました。

 

デリケートゾーンの脱毛に興味がありながらも、サロンに行くのは恥ずかしく思い自分で剃ってしまいましたが、もう二度と全剃りすることはないでしょう。

 

恥ずかしさよりも、チクチクとした痒みの方がずっと辛いように思いました。
毎日痒み止めを塗る姿も悲しかったです。

 

デリケートな場所こそ、きちんとサロンに行かなければならないと身をもって実感しました。

 

次の夏までには、恥ずかしさを克服してサロンで脱毛したいと考えています。

 

デリケートゾーンの処理は優しくていねいにやろう

デリケートゾーンの毛は太くて硬いですから、カミソリで剃ってしまうと鋭く尖った毛が生えてきてしまいます。

 

また、切断された断面がはっきりすることでより太く見えてしまうことでしょう。

 

尖って生えてきた毛は痒いですよね。
また、ショーツからツンツンっと顔を覗かせてしまったりして誰に見られるわけでなくても恥ずかしい思いになってしまいます。

 

デリケートゾーンの毛はきちんと処理したり長さを整えることで蒸れや細菌感染といったことの予防に繋がります。

 

蒸れると臭いの原因にもなりますから、女性としては清潔にしておきたいところです。

 

Vラインなら目でしっかり見ることができますが、Iライン、Oラインまで自分でやろうと思うと大変危険です。
敏感な場所だからこそプロに任せましょう。

 

相手は仕事ですから恥ずかしいなんて思われることはひとつもありません。

 

【脱毛・ムダ毛処理失敗談まとめ。イタすぎる話集めました】 トップページへ戻る