脱毛・ムダ毛処理失敗談まとめ

家庭用脱毛器でムダ毛処理をした悲劇

ムダ毛処理に特化したシェーバーが家電量販店で安く売られていたので、スネ毛が気になっていた私は購入してセルフ脱毛にチャレンジすることになりました。

 

出だしこそ好調だったものの、徐々に不都合に気付き最終的には三重苦に見舞われてしまいました。

 

右足の膝下のムダ毛をシェーバーで剃っていると、何秒かに一度は毛が刃に絡まってしまいました。

 

最初のうちは丁寧に絡まった毛を解いていましたが、だんだんと面倒になってきました。

 

そこで、ムダ毛がシェーバーの刃に絡まったとしても、力任せに毛を引き抜くようになってしまいます。

 

この決断が災いして、一部の毛穴から血が出てしまいました。

 

ムダ毛をスムーズに剃れないトラブルがあったものの、無事にスネ毛を綺麗にできた数日後のことです。

 

朝起きてトイレに入りズボンを下ろすと、スネに大量の白ニキビのようなものができていました。

 

セルフ脱毛時に力任せにスネ毛を引き抜いてしまったので、そのときにできた傷からバイ菌が入ったのだと思いました。

 

スネ毛が長くなってきたころ、再びシェーバーを使うことになりました。

 

ところが、シェーバーの電源が入りません。

 

一度の使用で、シェーバーが壊れてしまったようでした。

 

ムリヤリ家を引き抜く脱毛器は使ってはいけない

様々な電動シェーバーや脱毛器が簡単に買えるようになりました。

 

昔に比べて性能が良いものが多くなってきているとも感じています。

 

しかし、あまりに激安で販売元も聞いたことないようなものを、安いという理由だけで買ってしまうのはお金の無駄になってしまったかもしれませんね。

 

スムーズに使えないうえに、肌トラブルまで引き起こしてしまうのではれば壊れてしまったのは幸いだったかもしれません。

 

できたら無理に引き抜いてしまう前におかしいと思って使用をやめていたら肌トラブルは抑えられましたね。

 

今回は勉強代ということにしましょう。

 

高級な脱毛器を買わないといけないということではありませんが、購入前にスマホなどで商品を評判を調べてみることをしていたら良かったかもしれません。

 

肌に負担のかけるものですから、信頼と安全を寄せられる商品を選ぶことが大切です。