脱毛・ムダ毛処理失敗談まとめ

ムダ毛処理に失敗した経験ってありますか?

女子であれば誰もが経験したことがあるであろう『ムダ毛処理』。
簡単そうに見えて、結構難しくってめんどくさい、厄介な作業です。

 

だからと言って、やらなければオンナとしてばかにされてしまう・・・
毛をほったらかしでもOKな男性を見ていると、心底うらやましくなる時があります。

 

そんなムダ毛処理。失敗したことありますか?

 

事前ケアやアフターケアを怠ってしまって肌荒れしてしまったり・・・
毛抜きで抜いて埋没毛になってしまったり・・・
うっかりカミソリでざっくり切ってしまったり・・・

 

大きな失敗から小さな失敗までさまざまなことが起こり得ます。

 

「とにかくムダ毛処理しなくちゃ」と思って知識なくムダ毛処理をしてしまうと、こうした失敗を経験してしまうことがあります。

 

せっかくキレイに見せるためにムダ毛処理をしているのに、失敗して見せられない状態になってしまったら意味がありませんよね。

 

このサイトでは、そんなムダ毛処理の失敗体験をした人たちの話をまとめました。

 

みんなの「失敗談」を読んで、反面教師にしましょう。
そしてキレイなつるつる肌を目指しましょう!

 

ひどい失敗をしてしまうと、一生跡を引きずることも・・・

軽い気持ちでムダ毛処理にチャレンジすると、一生跡になってしまうような失敗をしてしまうこともあります。

 

自分自身はもちろん、誰か他人に迷惑をかけてしまうこともあるようです。

 

よくあるのが、カミソリでざっくりと肌を切ってしまったという失敗体験談。

 

カミソリでムダ毛処理をよく切れるカミソリを使わなければ、もちろんよく切れるカミソリを使わなければいけません。

 

キレの悪いカミソリを使うと、ムダ毛が根こそぎ剃れませんし、肌にも悪影響が大きくあります。

 

ですが、キレのいいカミソリを使うということは、肌を切ってしまうリスクを含んでいるということも忘れてはいけません。

 

早く終わらせてしまいたい。そう焦る気持ちがうっかり肌を切っていってしまうこともあります。
「肌に刃物を当てている」ということを忘れずに、しっかりきっちりムダ毛処理をしましょう。

 

お子さんが家庭内にいる場合の自己処理は、特に気をつけなければいけません。

 

カミソリといった刃物が危ないのはもちろんのこと、除毛クリームをお菓子のクリームと間違えて食べてしまったということもあります。

 

子どもは好奇心旺盛ですから、脱毛グッズを見つけてどのような反応をするかわかりません。

 

自己処理をする場合は、そうした点を留意しておきましょう。

 

ムダ毛処理をする時は必ず正しい知識を身につけてから!

失敗体験談にはさまざまな話がありますが、ほとんどの失敗の原因は「知識不足」です。

 

最近では、ドラッグストアで簡単にムダ毛処理グッズが手に入ります。
使い方はすごく簡単で、説明書を読まなくても誰でも使えるような仕組みなっているものもとても多く販売されていますね。

 

これは使う人にとってとても「ラク」でいいことなのかもしれませんが、説明書を読むという過程を省くことによって、失敗する確率が格段に上がります。

 

失敗しないためには、最低でもこうした説明書を読まなければいけません。

 

もっと言うのであれば、処理したい部位に合わせた処理の仕方をしっかりと予習しておかなければいけません。

 

ネットで検索をすれば正しい処理の仕方はいろんなサイトに掲載されていますので、しっかりとチェックをして正しいやり方を知っておきましょう。

 

「めんどくさい」という言葉が、あなたを美から遠ざけます。
今の自分を美しくするということは、めんどくさくて当たり前のことなのです。

 

そのめんどくささを乗り越えることによって、身も心も美しくなれるのです。

 

どうしてもめんどくさい人はプロにまかせるのが無難

どうしてもめんどくさい。調べるのもイヤ。
仕方なくムダ毛処理してるけど、そもそもこんなめんどくさいことなんてしたくない!

 

・・・なんて人は、いっそお金を出してプロに任せてしまうのが1番です。
ここ数年で脱毛サロンの数は一気に増え、そして値段も安くなりました。

 

脱毛サロンでの脱毛は一時的なムダ毛処理ではありません。
半永久脱毛と言われる光脱毛が主流の施術となっていますから、一度脱毛を完了させると、それ以降ムダ毛を気にすることなく生きていけるのです。

 

これってすばらしいことだと思いませんか?
「失敗してしまうかも」という不安を抱えながらムダ毛処理をする時間とさよならできるのです。

 

全身脱毛をすればかなりお金がかかってしまうので、自分がどうしても面倒だと思う箇所だけ脱毛する、というような使い方をしてもいいでしょう。

 

例えばワキ。
ワキの毛ってすごく太くて、剃っても目立つし、抜いても埋没毛になって汚くなるし、処理している間ずっと腕をあげっぱなしにしていなければいけないしで、かなり自己処理が面倒な部分です。

 

しかし、ワキの毛が生えている面積はとても狭いので、脱毛サロンでのワキ脱毛はかなり安いんです。
(基本的に、脱毛の値段は脱毛する部分の広さで決まります)

 

思い切ってワキだけでも脱毛してしまえば、失敗なしにかなりラクになれるのではないでしょうか。